このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP袋が商品の訴求効果を高める理由

活用しやすく汎用性の高いOPP袋

生活するうえで、袋というものは欠かせないものです。

荷物を入れたりするときに使いますし、保存したりするときにも必要です。

特別な時に必要なこともありますが、透明袋を使うということを考えると、特別不思議なものではありません。

それだけ身近な存在ですが、それがいったいどんなものなのかは、あまりよく知らないこともあるはずです。


さまざまなものに使われるOPP

 

本当に数多くの種類がある袋ですが、その中にOPPと呼ばれる素材を使った袋があります。

日本人の苦手な横文字の並びですが、ポリ袋と呼ばれているものの一種と考えることができるのです。

OPPの正式名称は二軸延伸ポリプロピレンとなります。

さまざまなものに使われている素材で、容器にもなりますし、実験器具として使われることもあるのです。

これだけ身近な素材になっているのは、強度が高いということにあるでしょう。

それでいて軽量である程度の熱にも強いため、多くのものに利用されているのです。

OPPは袋以外にも、ロープやネットにも使われています。

高い引っ張り強度を持っているため、こうした利用ができるほか、衣料品にも使われているのです。


OPP袋を使うことで相乗的な効果を

 

引き延ばされてから加工されるOPP袋・OPP封筒は、ほとんど伸び縮みしません。

たばこの包装にも使われているため、想像しやすいでしょう。

左右に引っ張られても伸び縮みしないため、たばこの包装も一度とってしまうと、元に戻すことが難しくなります。

ところが、折り目のようになっている部分を軽く引っ張ったり、力を加えたりするだけで、すぐに裂けてしまうことがあるでしょう。

この部分は、シートをくっつけて作っているため、抵抗に対して弱いというのも特徴となっているのです。


OPP袋は、光沢があるところも特徴となっています。

商品を包んだりすると、高価なものに見せることができるでしょう。

光沢があることで、目を引きやすくなることも重要なポイントです。

ディスプレイにも活用することができます。

色を付けることもできますし、印刷してアピールできるため、紙に代わって活用することができる素材となっているのです。

こうした汎用性の高さというのもOPP袋の特徴であり、商品の訴求効果と合わせ相乗的に活用していくこともできる優れた商品だといえるでしょう。

Pick-Up Topics

OPPと近い性能をもつCPPとの比較

 

OPPというものは、二軸延伸ポリプロピレンという素材です。

汎用樹脂の中でも比重が小さいため、水に浮くほど軽いのが特徴といえます。

水に浮きますが、吸湿性がありません。

「OPPと近い性能をもつCPPとの比較」の続きはこちら

DMをさらに効果的にするためのOPP袋の活用

 

DMを使った広告戦略は、かなりの会社が取り入れている方法です。

手軽に営業できるところがポイントで、投資はしても人件費を抑えることができる点が大きいでしょう。

営業に掛ける人材を育成する費用も必要がないというのも、メリットとなります。

「DMをさらに効果的にするためのOPP袋の活用」の続きはこちら

効果を上げることができるOPP袋を使ったマーケティング

 

透明性の高い袋を使うということは、それだけ中身を鮮明に見せることができるようになります。

中身を鮮明に見せることができるということは、それだけ目につきやすいということも示しているでしょう。

非常に重要なポイントであり、これをマーケティングに生かすことができるのも、OPP袋の活用方法であるといえます。

「効果を上げることができるOPP袋を使ったマーケティング」の続きはこちら